2009年08月10日

コミュニケーションアップサイト

役立つコミュニケーションアップサイト

コミュニケーション人間関係講座

とても無料とは思えないボリューム。

ここを読めばほとんどのコミュニケーションスキルの基本が身につきます。

一度には読めないかも。
posted by ダッコズマン at 21:18| Comment(137) | TrackBack(0) | コミュニケーション方法

コミュニケーションスキル

コミュニケーション能力(コミュニケーションのうりょく、communication ability)とは、一般的に「他者とコミュニケーションを上手に図ることができる能力」を意味する。

これに対してコミュニケーションスキル(communication skill)とは人と人の間でコミュニケーションをとる方法・手法・テクニックを理論付けし、検証を行い技術または知識としてまとめたもの。コミュニケーション能力とコミュニケーションスキルを同義に扱う企業も多い。 なお、「相手の目を見てはきはきと話す」「アフターファイブは同僚と飲み交わして親睦を深める」といった行為の事をコミュニケーション能力とするのは誤用であり、意思疎通が明確に図れるならば電子メールや手紙のみでもコミュニケーションは成立する。

コミュニケーションはラテン語: communicatioに由来しており、「分かち合うこと」を意味している。「コミュニケーション能力」という表現は様々な用いられ方をしており、以下のような意味で使われることが多い。

言語による意志疎通能力(#言語学用語の「Communicative competence」を参照)。

「コミュニケーション能力」という言葉は、元々言語学の分野で用いられた学術的な用語であった。

感情を互いに理解しあい、意味を互いに理解しあう能力。感情面に気を配って、意味をわかちあい、信頼関係を築いてゆく能力。

非言語的な要素(相手の表情、眼の動き、沈黙、場の空気など)に十分に注意を払うことで、相手の気持ちを推察する能力(非言語コミュニケーション)

上記の非言語的な要素により知った相手の気持ちを尊重して、相手に不快感を与えないタイミングや表現で、自分の感情や意思を相手に伝える能力

社会技能(ソーシャルスキル)。暗黙知。

上手にコミュニケーションを行うための体系づけられた知識、技術(コミュニケーションスキル)

合意(コンセンサス)形成能力

「論理的コミュニケーション能力」(自己の考えを論理的に明確に、相手に表現する能力)

会話のキャッチボールを上手く行える能力

企業が求人広告等で応募者に要求している「コミュニケーション能力」は、ビジネスシーンにおいて発揮が期待される精選された「折衝能力」「交渉能力」「説得能力」を指しており、必ずしも対人コミュニケーション一般を円滑におこなうスキルをもって満足するものではない。

posted by ダッコズマン at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション情報

コミュニケーション 定義

コミュニケーション (英: Communication) とは、複数の人間や動物などが、感情、意思、情報などを、受け取りあうこと、あるいは伝えあうこと。 表記のゆれとして、「コミニュケーション」、「コミニケーション」があるが、「コミュニケーション」がより一般的に用いられている。

コミュニケーションの定義は多種多様であるが、広義には、記号などの何らかの因子の移動を伴う、ある分けられる事象間の相互作用の過程を意味している。

コミュニケーションを発信と応答という観点から見た場合、ある個体のアクションに応じて別の個体にリアクションが生じた場合、両者の間にコミュニケーションが成立していることになる。コミュニケーション行動の機能は、たんに情報の伝達にとどまらず、情動的な共感、さらには相手の行動の制御をも幅広く含んでいる。

コミュニケーションは、記号を介して成立する。これは、形のないものを伝えるためには、その形のないものを指し示すような、形のあるもの(記号)を介することが必要となるためである。典型的な記号は、言語であるが、非言語的な媒体も、それらがたとえば、ボディ・ランゲージというように、解読すべき言語に議せられていることからもわかるように、他のものを指し示す記号として機能する。

コミュニケーションの成立は、そのための適切な発信行動が取られたというだけではなく、受け手が適切なシグナル・媒体に注意を向け情報を受信した上で、さらに的確な理解をしているかどうか、という点にもかかっている。記号の解釈にあたっては、相補的関係にあるコンテクスト(非言語的な文脈)とコード(言語的な約束)とが参照される。定められたコードを参照するだけでは、メッセージが解読できないとき(たとえば子供のコミュニケーション)、コンテクストが参照され、受信者による推定が加わる事になる。

コミュニケーションによって、受け取られる、または伝えられる 情報の種類は、感情、意思、思考、知識など、様々である。受け取るまたは伝える ための媒体としては、言葉、表情、ジェスチャー、鳴き声、分泌物質(フェロモン等)などが用いられている。動物の媒体と人間の媒体を比較すると、人間の媒体には(身体の動作、表情、フェロモンなどの動物と共通の媒体に加えて)言語がある、という点が異なっている。

コミュニケーションは、その相互作用の結果として、ある種の等質性や共通性をもたらすことも少なくない。人間の場合は特に、他者に対して自分の心の状態を伝えることで働きかけるだけでなく、他者から受け取った情報により、相手の心の状態を読み取ったり共感したりすることも含まれる(他者理解)。

posted by ダッコズマン at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記